「児島春香」さんからのお便り「理解してもらえない事」について|障がい者雇用促進求人情報局

「児島春香」さんからのお便り「理解してもらえない事」について

児島春香さんの障害について

児島さんは、軽度のうつ症状でした。しかし、障がい者としての認定がなく、理解をしてもらうことができずにいました。この軽度うつと言うのは、「仕事」とかんがえると職場に行くことが出来なくなってしまうと言う病気です。私がこの障害を追い始めたのは前の仕事場で、パワハラ似合い、精神を削られてしまったからでした。

理解してもらえない事について仕事にどんな影響が出ていたのか

先ほど申し上げたとおり、職場にいけないということです。職場に行けなくなってしまうので、ドンドンと自分を追い込んでしまうのです。こうしたことを防ごうと毎日努力して玄関を出ようと思うのですが、なかなか足が前へ進むことができないのです。そうしたことですごく悩みました。

周囲からの反応はどうだったのか

やはり理解してもらえなかったですね。どの求人に応募して転職しようとしても、無駄に終わってしまいました。なぜなら、この障害に対する企業の理解が本当に乏しいからです。私はこの障害を乗り越えようと努力しますが、先程申し上げたとおり障害ですので、正常者には戻れないのです。そうしたことを理解していない会社から「コレないということは仕事をしていないのと同じだ」と言うことをよく言われました。

関連情報

Copyright 2018 障がい者雇用促進求人情報局 All rights reserved.