伊田 佐也加さんからのお便り言語障害について|障がい者雇用促進求人情報局

伊田 佐也加さんからのお便り言語障害について

 伊田 佐也加さんの障害について

彼女は、軽度の言語障害を患っていました。彼女は言語障害の中で構音障害というものを患っていました。構音障害というのは、会話の内容は正確に理解できるのであるが、自身の舌や口唇の運動麻痺によってろれつが回らない状態の事をいいます。普通の生活にもなんら問題はないのでそれといって困ったことはありませんでしたが、会社に勤めることになって困ることが多くなってきました。

苦労点について仕事にどんな影響が出ていたのか

構音障害というだけで、何を言っているのかなどは全て理解が出来ますの。ですが、それに反応して返す言葉を考えているのですが話すとろれつが回らなくて少し無視をした感じになってしまいます。本当は、しっかりと返しの言葉を考えていのいたのであとで紙に書いて渡すと、愛想笑いで「気にしてないからもういいよ」といわれてしまいます。

周囲からの反応はどうだったのか

障害者雇用で会社に勤務しているのですが、周囲の人達の対応には本当に困惑します。目が全く笑っていない状態で励ましてくれたりするので、どれだけ自分が注目されたいのかと考えてしまうことがありました。私が障害者の事を対等のめで見てくれる人は基本的にいませんでした。何処か見下して対応してくれる人が90%以上だと感じました。人間はどんな人でも見下せれるのを好む人はいないと思います。

関連情報

Copyright 2018 障がい者雇用促進求人情報局 All rights reserved.