障がい者が職を探すのは悪くない|障がい者雇用促進求人情報局

障がい者が職を探すのは悪くない

ハローワークへ赴いたとき、私は前回のように仕事は簡単に見つかるものと思っていました。窓口の担当者の方とはとても話をするようになり、今でも私は時々挨拶をして近況を報告するのですが、そういう求人に対して甘い気持ちというものがあり、その時の気持ちの弛みは今でも自戒として心の中に留めています。

最初に担当者の方から告げられたのは「トライアル雇用が打ち切られて、資格も学歴もないのは非常にハンディキャップを持っていることと等しい。履歴書の書き方から職務経歴書の書き方まで最初から見なおして、求人を出している企業に対して誠実にむかっていく覚悟が必要です」ということでした。

私は職務経験ができたのだから、職務経歴書ができたのは大きな成果なのではないかと考えていたのですが、担当の方に言わせると、極めて甘い考えだそうです。このご時世、かえって職務経験が無い障がい者というのも珍しいとのこと。どうやらハローワークへ赴く以上、求人に対してここまで甘い考えを持っている人は私以外には珍しいそうです。

障がい者という甘えがこういうところに出てきているのが今振り返ってみると実感できます。障がい者求人は決して傲慢に挑むもでも、卑屈になって自分を安売りすることでもないのだな、と徐々に感じていきました。

関連情報

Copyright 2018 障がい者雇用促進求人情報局 All rights reserved.