アルバイトをして少しわかった人のこと|障がい者雇用促進求人情報局

アルバイトをして少しわかった人のこと

アルバイトの内容はもちろん全国のコンビニに共通している内容で、レジ、陳列、品出しということが基本でした。レジの操作は若干難しかったですが、それでもすぐに覚えることができ、お客様を待たせること無く商品をお渡し出来るようになりました。そして陳列や品出しはたくさんの商品があるバックヤードから品物を持ってくるのですが、種類が沢山あるので最初はどれを店に運べばいいのかがわかりませんでした。種類が多いのでバックルームに戻るまでに忘れてしまうこともあります。それでも慣れてくるとどういった商品が足りていないかがよく分かるようになってきました。

さて、実はその店においては店長には自分の障害のことは話してあります。話しておかないと辛くなってシフトに穴を開けてしまうこともあると思いましたし、昔からお客として行っていたこともあるので信頼することができました。最初に打ち明けた時は少しびっくりしていましたが、よく話してくれたと言って頂いた時はとても嬉しかったです。それでも求人を見て応募してくれたことが嬉しいとのこと。そして業務において苦手だったり出来ないことがあったら遠慮なく言ってほしいとのことでした。

障がいをクローズにしなくても、理解のあるところは障がい者雇用や求人を知らなくとも理解してくれるということは自分にとってとても大きな発見でした。

関連情報

Copyright 2017 障がい者雇用促進求人情報局 All rights reserved.